ひとりで抱える社会でないために✨

わたしは、今コミュニティナースという視点を学んでいます。
そうしたこともあり、この数年やや封印❓していた、

看護師という役割を表にしていこうと意識しています(*^-^*)

最近、ご家族が介護や医療のお世話になることになって、

直面することについてお話しを伺うことがちょくちょくあります。

芸能人の小室哲哉さんの引退への心情についても先ほど、WEBで読みました。

そこで強く感じるのは、介護や医療を必要とされる、直面する前に、

病気のことや介護のことがイメージできる社会が望まれるなぁということです。


 

わたしの場合、実父の闘病を機に医療のことを知ることになり、その後、看護師の世界に入りました。
今は、医療・介護への知識があるので、治療や介護についてのイメージを描くことができます。


身近に頼れる人がいる場合は、まだ支え合えるかもしれないけれど、そうした人がいない場合、ひとりで抱え込んでしまうことが多いと思います。そうした為に、制度はありますが、基本的に自己申告制なので・・・。
こうした状況をよりよくする為に、地域の力が活用できたらいいなぁ~とイメージしています(^◇^)
生も死も語り合える地域・まちづくり。

思い付いたイメージを、少しずつ形にしたいなぁ~と思います。

 

写真は、最近のお氣に入りから、
ずいぶん綺麗になってきたミモザ、昨日のじょびちゃん、木箱のキッチンガーデンです✨
 

 自分に制限をかけないと、アンテナの感度が上がり、楽しいです✨


 







 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

yururigamori blog

特集記事

季節巡り 節分☆彡

February 3, 2018

1/1
Please reload

最新記事

January 13, 2019