2017年2月4日開催 開運♪立春・大吉♪『和ごころを味わい楽しむ会・その1』 の模様です(*^_^*)

February 9, 2017

ネーミングしておいて言うのもなんですが、少々長いタイトル(笑)のこの会、6日程経過しましたが、

おかげさまで、ステキに開催をすることができました。

 

 


この日、お集まり下さった皆さま、

ご都合が合わなかったものの思いをお寄せ下さった皆さま、

そして、演者の和物芸能家・愛唯美さん、

スペシャルゲスト・ギター演奏 やっとさん、

スペシャルゲスト・ピアノ演奏 真野くん、
お写真をご提供下さった皆さま、

そして、この企画のご縁を下さったおまつ堂・お松智子さん 

皆さまのステキが合わさり、素晴らしいお時間となりました。
こころより感謝申し上げます。

 こちらお写真は、会の冒頭ご挨拶にて~


お松さんは、睦月や石について、そして

木の空間で、いい氣に満たされた会を~♪♪♪と

『木・氣』についてのお話しをして下さりました~♡

わたしは、『お寿司』について♪
酢飯が語源で、寿を司るという縁起を担いだ当て字ということです・・・

 

その説明時、『酢』の文字の解説について、皆さんに宿題といいました。

調べて頂けましたか?
 

ここで少し、答え合わせです~☆
酢は、『酉』 今年の干支の『酉:とり』という意味ではなくて、酒を入れる容器の象形文字という意味の『酉』と『乍』木の小枝を切って取り除き作るという象形文字が合わさり、
酒を皿に入れて酢を作るという意味でした(*^_^*)
 

といったことばについて、漢字の成り立ちや意味などを掘り下げると豊かな世界を知り、感じることができます☆
こうした日本の文化を味わうことも大切なことで、今後もしていきたいなぁと思いました。

 

 



 

 

 

 

 

このようなイベントの際、ゆるりがもりでは、参加型のランチの時間を取り入れているのですが、

今回は、手巻き寿司とお汁の準備をお願いして、皆さんで台所仕事をして頂きました。

海外からのお客様、女性も男性もこどもちゃんも皆さんでつくるごはん、おやつ。そして、皆さんで食事すること。一緒につくって、食べるということは、はじめましての方もこころの距離がグッと縮まり、垣根を低くします(*^_^*)そんなごはんの時間がやっぱりいいなぁ~大切にして行こうと今回の皆さまの笑顔から、再認識しました。

 

 


 

 

~同じ釜の飯を食べる~そしてつながりが深まる~

 

こうした食を共にした、一体感のような、

穏やかな氣ができた流れ後の和芸能ご披露時間は、

皆さんのその一体感に集中力が合わさっていて、

いわゆる【釘づけ状態】で大盛り上がりでした~\(^o^)/

 

笑顔満開!開運♡
立春大吉♪♪♪

愛唯美さん 素敵でした~☆☆☆

 

 

 

 

 

愛唯美さんは、東日本大震災の際に、

持ち主の方が津波でなくなり舞手を失った獅子を譲り受けて、

舞われているそうです。
被災地である、福島県富岡町夜ノ森という立ち入ることが出来なくなった場所。

その土地への思い、被災地への忘れてはいけないという思いをこめてつくられた 篠笛曲『夜ノ森』を奏でてくださりました。

 

今回は、おめでたい趣旨の会ということもあり、当初は、予定外の演目とのことでした。
しかし、この日、愛唯美さんは、この場でこの演奏をしたいと思って下さったそうです。

来月の3月11日で6年が過ぎようとしている東日本大震災のこと。
楽しい日にも、こうした忘れてはならない日に思いを馳せるきっかけを頂けて、本当によかったと思いました。
こうした楽しい時間を過ごせることが当たり前のことではなく、ありがたいことなのだと改めて感じることが出来ました。

 

ご参加の皆さまの受け入れて下さる空氣感が素晴らしかったです。



 


ステキなお着物姿の方も多くお越し下さり、華やかな、和のこころがあちらこちらで、楽しめました。
洋服の方も「紅白のコーディネートをしてきたょ~」ととっても、粋でした~
皆さん、楽しんでくださり最高でした!
小さなお子さんも浴衣と扇子で、可愛く装ってステキな舞をみせてくれました~

こうしたお客さんの粋な感覚は、ステキな氣を生み出して、まさに、産霊・ムスヒの時となり、

立春大吉のおめでたい日に、開運をもたらしてくれたと思います♡

 

 お松さんナビゲートで、ご自分でお抹茶を点てることも体験して頂き、和のこころを味わい楽しんで頂けたのではないでしょうか♡

お松さんと共に主催させて頂きましたが、こちらの方がたくさんの幸せを与えて頂きました!

皆さま ありがとうございました!
 

 

 

次回の『和ごころを味わい楽しむ会・その2』 

ネーミングしておいて、言うのもなんですが…長いので、通称:和ごころ会(笑)?LIVE?
 

皆さまの熱いお声により、開催が決まりそうです(*^_^*)
どうぞご期待くださいませ!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload