9月 前半振り返ると

September 15, 2016

 

 

 

おはようございます。
昨夜は、十五夜お月様 きれいでした(*^_^*)

 

先月から今月の上旬は、わたし史上初の広範囲な皮膚の湿疹が出て、かゆみが特にひどく、その時期を越えるのに必死でした。
やれやれと、ようやく落ち着いて、やはりあれは、からだの中から出ていくべき浄化されるべきものたちの集合体かと振り返って思います。

そうこうして、ようやく、自分がしていきたいことに向き合える落ち着いた時間を持てるようになりました。

健康だとクリアーに見えることも、そうした不調の時は、ゆがんで見えるものですが、やはりこのゆがんだ見え方の時期にもクリアーに近付く、健康への調整ということなどと意味があるのだと、思います。

慣れないWEB仕事をして、プロじゃないなりにも自分でできたことへの満足を感じつつ、やる氣が出てきたので、どんどん進んでいこうと思っています。


先週は、素敵な器に出逢い、トークライブに参加して、その作家さんの素敵なお人柄や生き方にも触れることができ、元氣をもらいました。楽しむことを大切にされている方で、それが作品にもそのまま反映しているのだと思いました。
その作家さんは、常滑morrinaさんで個展・開催中の小山及文彦さんです。
 

 

 

この器ですが、淡いピンクの土が所々に光って見える淡い白色の粉引です。
ここ毎日使っていて、のせるものを選ばず、それでいて美味しいものを盛り付けてね~と言われているような器だなぁと思い楽しんでいます。

 

先月は、夏休みを頂いたので、久し振りの一膳献立会にておやつにつくった東海地方郷土の味・鬼まんじゅうをのせてみました。

カンボジアの女性が手作業でつくられたmoillyさんの新作 ラペアマットを敷いてみたら、かわいらしくなりました~

 

ここかぜ農園さんとnicetime farmingさんの新鮮元氣野菜を使わせてもらいました。
 

 

小さな子どもさんとご参加下さったお母さん。

こうしたご参加の方には、

お母さんにはリラックスできる時間と子どもと楽しく過ごす時間を過ごしてもらえたらいいなぁと思っています。
子どもさんには、自由に過ごしてもらいつつ、時折年齢に応じた手作業をしてもらうようにしています。

 

この日も、子どもさんの自由な動きの隙間に、ほんの短時間でもお母さんと一緒にできる作業をしてもらえたらと思い簡単な型抜きをしてもらいました。

短時間でしたが、集中して楽しそうに作業をしていました。

 普段苦手にしているようなお野菜を子どもが食べてくれたとお母さんが嬉しそうに話されました。

自分でつくる楽しさを感じたり、またそれを食べる楽しさを感じたり、そうしたきっかけにしてもら嬉しいなぁと思います。

 この器には、つるむらさきとツユクサをさっと湯がいたものにクコとたまりをかけていただきました!

身近にある野草は、知っているとサバイバル時にも使えて、取り入れてもらいたいと思っています。

今回は、ツユクサを使いました。

効能も知っておくとより食べる気持ちになると思いますので、簡単にお伝えしています。

 こうして、楽しい食卓になりました~
 

 実は、少し前、わたしが共室で何をお伝えできるか 皆さんが一膳献立会に何をのぞんでお越し下さっているのか少し迷っていた部分がありました。

そこに向き合い、答えが出てきた感じで、改めて、わたしは皆さんと食卓から元氣になっていけるようなご提案をしたいと思っています。

楽しく、健やかになれるポイントを学べる場所・存在でありたいと思います。

また、普段力を入れて過ごしていることの多い方が、ふっと力を抜けるようなリラックスできる場所・存在でありたいと思います。

 

お茶をのみにカフェのような感覚でゆるりとお越しいただけたらと思います。

 

どうぞよろしくお願いします~

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

yururigamori blog

特集記事

季節巡り 節分☆彡

February 3, 2018

1/1
Please reload

最新記事

January 13, 2019